headband

ゴルフ 100切り

ゴルフのスイングのポイントとドライバーショットについて

ドライバーショットを始めとしてスイングを行う際に忘れてはいけないことがあります。
それは力を入れすぎない事です。
野球やテニスなどをやったことがある人はそうしたスポーツでも言われたことがあるかと思います。ゴルフは特に微妙なコントロールを要求されるスポーツですから、スイング時の微妙な力感覚がとても重要になってきます。

そのため、ゴルフは静のスイングだといわれることも有ります。

ところが初心者の方やアマチュアの方は力の入れ過ぎで力を分散させてしまいます。
そうなるとスイングも上手くできなくなるのです。
つまり力をコントロールできればそれだけ上手くなれるという事ですね。

この辺り、誰しも通る道だといわれますがここを通過できるかどうかが上達の分かれ道とも言えます。自己学習で難しい部分があるので、スクールへ行くのがよいかもしれませんが、金銭的や時間的に余裕がない場合は自分で工夫してコツをつかむことになります。
参考サイト: ゴルフ 100切り実現

ただし力を入れすぎない、力を抜いてスイングするといわれても簡単にできるものでもありません。これがまた難しいところなのですよね。
ここは練習でコツをつかむしかないというところですが、そういってしまっては身も蓋もありませんので、少しだけポイント(らしきもの)をお話したいと思います。

ここでは良いドライバーショットの為の大切なポイントをお話します。

一口でドライバーと言っても様々な種類があります。長さ、バランス、そして素材と選ぶ点は多いです。高価なドライバーを使用すればそれだけ質の高いものとはなるものの、初心者のうちから高価なドライバを購入することができるという人も稀でしょう。むしろ、最初はドライバーにお金をかけるのならアイアンにお金をかけた方が上達への近道になるはずです。

そして、どのドライバーを使うかでボールの飛距離は変わってきます。それぞれのドライバーがどんな飛距離を出せるかを認識しておくのがポイントです。また力が強い人と弱い人でも合うドライバーの種類は違ってきます。ですから自分に合った種類のドライバーを見つけて使う様にしましょう。

ドライバーショットでのスイングの動作をスムーズに行う事で、力の分散を避ける事が可能です。そしてこの時はなるべく動きを最小限に抑える事も必要です。
腕をしっかりと固定させ、体の回転を上手く利用するのが上手く打つコツになります。
ただ慣れていないと体の軸がブレてしまい、安定したショットができないので、慣れる様になるまで根気よく練習を重ねて下さい。

結局は身体が覚えてしまうまで繰り返し素振りを行うということにつきますが、単調なために長続きしない人も多いと思います。そのあたりは工夫が必要なところですね

pagetop

ゴルフ100切りジャストpitch

Copyright(C) 2013 ゴルフ100切りジャストpitch All Rights Reserved. ゴルフ100切りまでのSpeedを上げるには